バストの大きさはなにで決まるの?



バストの大きさは、もちろん遺伝などの内部的な要因もあると思いますがそれがすべての原因ではありません。小さい方はホルモンの分泌が少ない場合が考えられます。毎日の生活習慣やケアの仕方ひとつで大きく変わっていくものだと思います。
バストが大きくなるにはなにが必要なの?




バストは脂肪組織と乳腺組織からできていて、脂肪組織の量によって大小が決まります。乳腺の発達度合いによって脂肪組織の量が決まるので、バストの大きさには乳腺を発達させることが大切です。乳腺の発達には「女性ホルモン」が大きくかかわっています。
今からバストは大きくなるの?




ホルモンの分泌量が増える月経時期にバストが張って、サイズが大きく変化することからもバストに女性ホルモンが大きくかかわっていることがわかります。個人差はあると思いますが、ホルモンバランスを整え正常なホルモンの分泌を促し、ケアすることで変わっていくと思います。
凸バストって?





凸バスト(デコバスト)は皮膚科クリニック内のみで処方されていたバストアップクリームをベースに開発したバスト専用クリームです。女性ホルモンに類似した効果の期待できる植物性エストロゲンを厳選配合することでハリのあるやわらかさを与え、理想のバストラインへ導きます。多くの方に支持をいただいていた人気アイテムです。
凹ボディって?






女性が「痩せる」でまずはじめにイメージすることはダイエットでしょう。確かに脂肪を減らすのは痩せることへの近道ですが、さらに一歩ふみ込んでボディバランスにも注目しましょう。痩せててもかたく、たくましい男性的なボディラインでは女性の魅力は半減です。凹ボディ(ボコボディ)はダイエットなどで乱れやすい女性ホルモンをケアしながら、セルライトに働きかけることで、女性らしいメリハリのあるボディに導きます。
凸バストをバスト以外に使うとどうなるの?




問題ございません。凸バストは塗った部分を大きくするのではなく、女性ホルモンを活性化させる効果が期待できるクリームなので、ハリ、弾力などの効果が期待できます。バストアップ効果が期待できるのは、女性ホルモンを活性化させることで乳腺が 発達するからです。
凸バスト、凹ボディは一緒に使えるの?


お使いいただけます。はじめに「凸バスト」をバストにお使いいただき、「凹ボディ」をバスト以外の全身にお使いください。
凸バスト、凹ボディの使用目安は?




女性ホルモンのバランスから考えて、凸バストは1ヶ月(1日もしくは2日に1回)、凹ボディは1ヶ月〜1ヶ月半(1日1回もしくは2回)を目安にお使いください。凹ボディは脂肪代謝が活発で痩せやすい月経開始から8日〜13日後の間は特にたっぷりお使いください。